年が明けた。
シリコンバレーで元旦を迎えているというのもなんとも不思議な感覚だ。

毎年年末年始にかけて、1年間の目標を設定している。

1年前にはこんなことを考えていた。
2011年の個人目標は4つ掲げていたが(内容は内緒)、達成率は30%ほど。
目標は大きく!というけど、大きすぎるのか、実行力が乏しいのか・・・。
具体的な話はさておき、2011年は「大幅に舵を切ること」を目標としていた。

振り返ってみると、この2つのアクションはまさに舵を切った瞬間だった。

5月にアメリカ西海岸を2週間、車で旅する。

この旅では事前に西海岸(サンフランシスコ、LA、サンディエゴ)で働く様々な方にアポイントを(強引に)お願いし、1対1でお会いさせていただき、本当にたくさんのことを学んだ。知人の紹介も、知らないのに直アタックしたのも含めて10人程だろうか。大企業で言えばApple、イケイケのベンチャーで言えばEvernote、スタートアップ支援をしているSunBridge、他にもPh.D.課程の方やスタートアップの方にもお会いできた。学んだこと、気づいたことは多岐にわたるが、一言で言えば、「視野の違い」。なんて小さな世界を見ていたんだろう、と。

11月からシリコンバレーに3ヶ月滞在する。

日本で経営している会社を他のメンバーに任せ、SunBridge Partners社でインターンをさせていただくという少々過激な行動を起こしてみた。まだその最中であるが、入居しているPlug and Playでの様々な出会いや、インキュベーション施設やコワーキングスペースの運営者・入居者へのインタビュー等、シリコンバレーのエコシステムを身をもって体験する毎日を楽しんでいる。シリコンバレーと日本のギャップを前に途方に暮れそうになりつつも、自分の次のアクションに繋がる知識と視野を吸収している。

 

一方で社内には、着実かつ堅実な変化もあった。

・強力なメンバーが2人増えた。うち1人は、初の新卒採用となった。
・気がついたら自分がいなくても会社が回る地盤になっていた。
・初めて本格的な全員参加の社内研修in東京を行い、結果につながった。
・億単位の仕事に関わることができた。
・「福岡県」を始め、福岡を代表するクライアントが増えた。

 

さて、前置きが長くなったけど、2012年のテーマはこれで行きます。

再起業 -ReStartUp-

会社を別に作るのか、社内の事業で行うのかはこれからとして、新たに事業を作る。
これはシリコンバレーに来て、見えてきたもの。
2012年のうちに絶対やる。
なぜなら、20代最後の年だから。

24歳での起業と、29歳での再起業。
この違いを楽しみながら、1年後のこの日をまた振り返ってみたい。

 

ーオマケー

先日行ってきたユタ州ソルトレイク〜パークシティとアリゾナ州セドナの写真など。

※パークシティのネタは、こっちにコラム書いてます。

友人が住むユタ州パークシティ。スキーリゾートとして有名な小さな町。

友人宅。

塩の大地(ソルトレイク-Salt Lake-の由来)へ。

これすべて塩。360度地平線。

(World Fastest Indianという最速バイクを決める映画の舞台。らしい。)

Amazing Sunrise in Salt Flat !

友人が美術館に模型台を納入する仕事があったので、お手伝い。

リッチなお宅にも泊めてもらったり。

ソルトレイクオリンピックの会場にもなったスキー場らしいっす。人がいない!

アリゾナ州セドナへ。半年前に来たばかりだけど、また来ちゃった。

グランドキャニオンより断然こっちの方が好き。

意外と簡単にこんなとこまで登って来れる。

大晦日の空。カリフォルニア州サニーベールにて。

 

さぁ、2012年の幕開けだ。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0